みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!日本最大の人形劇の祭典(長野県飯田市)いいだ人形劇フェスタ
みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!日本最大の人形劇の祭典(長野県飯田市)いいだ人形劇フェスタ
▼お問い合わせ
いいだ人形劇フェスタ
実行委員会事務局
〒395-0051
長野県飯田市高羽町5-5-1
飯田文化会館内
TEL.0265-23-3552
FAX.0265-23-3533
いいだ人形劇フェスタ 〜みる、演じる、ささえる。わたしがつくるトライアングルステージ!〜 Everyone Can Take Part by - Seeing, Playing or Supporting
フェスタ・レポート
※掲載の写真は、会場責任者及び出演者の許可のもと、レポートスタッフにて撮影したものです。

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|-|-

こんにちは😃

エリザベスです!

今回がフェスタ最終日となります・・・。

 

6日の今日は「影絵劇団 夢屋」さんの劇をご紹介します。

 

演目は「ぬいぐるみ語」「いっぽんばしわたる」「たからさがし」最後にワークショップのお友達の「おおきなかぶ」の4本だてです!

 

1本目の「ぬいぐるみ語」は、普段聞くことのないぬいぐるみの言葉を知ることのできる翻訳機ができたお話です。

赤ちゃんにいろいろな技をかけられ、ヨダレをかけられ、タンスの裏に入ってしまった時は人生のことを考える、と、まるで人間のようでした。

私のぬいぐるみも何か考えているかもしれないし、物を大切にする気持ちが強くなる作品です!

 

「いっぽんばしわたる」は谷間にかかる一本橋を様々な動物たちが渡っていくお話です。

何が出てくるかわからないわくわくする作品でした。

 

「たからさがし」は、エリのお気に入りの演目です!

犬さんと猫さんが宝を探してひたすら穴をほるゆる〜いお話。

犬さんが猫さんのボケに驚く姿が微笑ましい!

 

今回は総勢21人の方が参加してくださいました。中には今年が飯田人形劇フェスタ初参加の団員さんもいらっしゃいました。

飯田の印象や今回の感想を伺ったところ、飯田人形劇フェスタのように街全体が一つになって活動していることや、人形劇を行う会場があらゆる場所にあることに驚いたとおっしゃっていました。

また、今回劇を飯田で上演してみたり、パレードに参加したりと演者さんもフェスタを楽しんで頂けたようで私たちスタッフもとても嬉しい気持ちになりました!!

 

影絵劇団夢屋さんは、新人団員さんも新作もとにかく飯田にぶつけてみる! と意気込んで参加してくださっています。可愛らしいイヤリングやピアスに作り変えて身につけてきてくださっていましたが、なんとこれはボールペンに付いていた「ぽぉ」の飾りを使って手作りで作られたとお聞きし驚きました!

ここまで県外の方々に飯田を好きになってもらえるということは、本当にありがたいことです。

 

全てオリジナルの作品で、飯田の人形劇フェスタで新作を披露されているそうです。また、フェスタに参加し他の団体の劇を見ることでインスピレーションを受け、新たな作品に繋げているそうです。

来年は、人形劇フェスタが記念すべき年ですので、新作を楽しみにしたいものですね!

 

影絵劇団夢屋の皆さん、ありがとうございました。

来年もお待ちしております!

 

以上、本日のエリザベスでした!

 

2017年8月6日(日)comments(0)|-

飯田文化会館1階にて10時より人形劇団望ノ社さんの公演がありました。演目は「宇宙カバ〜space Hippio」です。

 

 

場内はおとなが多く、満席でした。

内容は、壮大な宇宙を舞台にしたSFアドベンチャーです!

環境汚染によって滅亡の危機にある地球。人類に託された希望を背負い、一匹のカバが旅立ちます。宇宙の冒険の末、広大な銀河の果てにカバが見つけたものとは・・・。

 

 

 

人形に光を当てスクリーンに映し出す影絵劇です。軽快なリズムと次々に変化する影絵はまるでアニメーションの様。220体以上ある人形の動きや光の当て方を変え、場面の雰囲気に合わせて巧みに操っていました。さらには、カバ、エイリアンなどといったキャラクターごと声を使い分けられており、独特な発声によりお客さんの笑いが起きた場面も。

影絵の綺麗さに加え近年の話題を取り入れた面白さもあり、どんどん劇に引き込まれていきました。

 

 

 

「人形劇団望ノ社」のダニエルさんとやないさんにインタビュー!

 

Q1 公演を終えての感想を聞かせてください。

A1 ダニエルさん「お客さんの反応がとても良くて楽しかった」

   やないさん「飯田人形劇フェスタということもあり、お客さんの見方が上手でやりやすかった」

 

Q2 2人で始めたきっかけを教えてください。

A2 やないさん「ロンドンの人形劇学校で出会いました。私は音楽と影絵を勉強していて、ダニエルは影絵と話とコメディーを勉強していましたが、続けて公演をした時に観客の方から「一つの作品見たいだ」と言われ、二人で公演するようになったことがきっかけです。」

 

Q3 多くの技法がある中で、影絵を選んだ理由を教えてください。

A3 ダニエル「パントマイムやマリオネット、棒つかいなど様々なことをやっていましたが、影絵が一番お客さんの反応がよかったので影絵にしました。」

 

Q4 「人形劇団望ノ社」さんの名前の由来をおしえてください。

A4 やないさん「カナダでは【The Wishes】という名前で活動しています。wishesは日本人が言いにくいと思い、日本向きの名前を考えました。wishは願いという意味があり、満月の日に願いが叶うことから望月の「望」を「もち」と読み、名前を考えました。」  

 

本日14:30から文化会館1Fで最後の公演があります。

また、9月末から全国ツアーを行いますので、ぜひ足を運んでください!!

 

2017年8月6日(日)comments(0)|-
|1/1ページ|